設定内容

動作設定/広告表示設定を行います。

アプリに入手は << こちら >> からどうぞ

一般設定←→詳細設定を切り替え、下記の設定が可能です。(βチャンネルでの公開分につきましても記載しておりますが、ご了承をお願いします。)

ブラウザ設定

起動画面:

  • 起動したときに表示するページです。
  • 「スタートページ」「空白ページ」「ホームページ」「ブックマーク」から選択可能です。

ホームページ:

  • ホームボタンを押した際に開くページです。
  • 「スタートページをセットする」ボタンでスタートページになります。
  • 「現在のページを設定する」にて閲覧中のページを設定可能です。

新規ページ:

  • タブ追加ボタンを押した際に開くページです。
  • 「空白ページをセットする」ボタンで空白ページになります。
  • 「現在のページを設定する」にて閲覧中のページを設定可能です。

検索エンジン:

  • スタートページ、ツールバーで検索キーワードを入力した際に利用する検索エンジンを設定します。

画像表示:

  • ページ内の画像表示をOn/Offします。

Javascript:

  • 多くのサイトを正常に動作・表示するために必要です。

訪問履歴の記憶を停止して処理を軽量化する。:

  • 訪問履歴の記憶を停止する事で、処理を軽量化します。訪問履歴の閲覧が出来なくなります。

タイトルとURLを1行にして送信(共有)する:

  • 共有ボタンを押した際に、アドレス(URL)のみか、タイトルも送信するかを設定します。

ブックマークの表示位置を記憶する:

  • 利用していたブックマークのフォルダ位置を記憶して、アプリ起動時に再現します。OFFの場合、起動時に初期フォルダ(ルートフォルダ)を表示します。

表示設定

全画面画面:

  • 通知バーなどを非表示にしてページ表示領域を広げます。

常にツールバーを表示:

  • 画面下部のツールバーを常に表示します。

アドレスバーを上部に表示:

  • 画面上部にアドレスバーを表示します。OFFの際には下部に表示します。

常にアドレスバーを表示:

  • 画面上部のアドレスバーを常に表示します。

画像On/Offボタンを優先して表示:

  • 画面下部の1段目に画像On/Offボタンを表示します。

画面を自動回転:

  • スマホ(タブレット)の向きに合わせて画面を自動的に回転させます。
  • 設定がOFFのときにどの向きに固定するかの設定も可能です。

アプリ終了確認を表示する:

  • 戻る操作で戻るページ(アドレス)が存在しない場合に、終了確認を表示する場合にONにします。OFFの場合には確認画面を表示せずに終了します。

サイト表示設定(User-Agent):

  • PC用/iPhone/iPad用などのページ表示に切り替えます。
  • デフォルト:未設定の場合に使う既定のUser-Agentです。
  • 現在のページ:現在の表示のみを一時的に変更します。

フォントサイズ:

  • 表示文字サイズです。Mが標準サイズです。
  • デフォルト:未設定の場合に使うフォントサイズです。
  • 現在のページ:現在の表示のみを一時的に変更します。

終了時の自動削除

  • アプリ終了時に削除する項目を選択します。
  • 終了時ではなく、スリープ時に削除することも可能です。

プライベイトデータの削除

  • 手動でプライベイト情報を削除します。(アプリを再起動します。)

ハードウェア設定

位置情報(GPS)にアクセス:

  • 位置情報(GPS)を要求しているページに対して位置情報を渡すか否かの設定です。(実際に利用時はスマホの設定でGPSが有効になっている必要があります。)
  • Android6.0以降の場合には初回にアクセス確認が表示されます。

ハードウェアレンダリングを使わない:

  • ONにするとスクロールなどが非常に低速になります。動画再生時に異常終了する場合などにONにしてください。

戻るボタン長押しでタブを削除する:

  • 戻るボタンを長押しでタブを削除します。

ボリュームキーでスクロールする:

  • スマホ(タブレット)のボリューム(音声)ボタンでページないをスクロールする場合にONにします。
  • ONにした際には、スクロール量を調整可能です。

新規タブの作成を抑制する。:

  • ONにすることでタブの作成を抑制し、使用メモリー増加を低減します。

最大タブ数を抑制してメモリーを節約する。:

  • ONにすることで最大タブ数を10に制限します。OFFの際には最大100タブまで利用可能です。

ジェスチャー

リロード:

  • 画面を下にスクロールすることでのページリロード(再読込)をON/OFFします。

左利き/右利き:

  • 利き手設定です。

左(右)スワイプ操作で戻る(進む):

  • ONの時:画面中央から左への操作で「戻る」、右への操作で「進む」動作をします。
  • OFFの時:画面左から中央へ移動させ左に戻す操作で「戻る」、右側から中央へ移動させ右に戻す操作で「進む」動作をします。

タブ切り替えは2本指で行う:

  • タブの切り替えを2本指で行う場合にONにします。OFF(1本指)での操作で誤動作が多い場合にご利用ください。

有償機能設定

広告を表示して有償機能を使う:

  • ONにする事(複数の画面で広告を表示すること)でアプリの全機能を利用可能にします。

利用開始:

  • 広告なしでアプリの全機能を利用します。(推奨)

効果をカウントする:

  • 圧縮やブロックなどの回数(効果)をカウントする場合にONにします。OFFにすることで、負荷低減が可能です。

画像圧縮

画像圧縮:

  • 画像を圧縮する/しないを設定します。
  • ONにすると画像の画質を下げて通信量が低減出来ます。

WiFi時も圧縮:

  • Wifiの時にも圧縮を有効にします。テザリング等でご利用の際にONを推奨します。

読み込み時間が伸びても厳密に画像かを判定する。:

  • リンク先が画像かをより厳密に判定を試みます。(通信量は減る可能性がありますが、処理時間は増加します。)

圧縮レベル:

  • 圧縮レベル「Hi(Gray)」/「Hi(Color)」/「Low」を切り替えます。画像圧縮効果をHiにする事でデータ通信量をより低減出来ます。

圧縮割合を求める:

  • 圧縮の効果(圧縮後サイズ ÷ 圧縮前サイズ)を計算します。値が小さいほど圧縮の効果が高い事を表しています。

広告ブロック

ブロックリストバージョン:

  • ブロックリストの更新日付です。ここが空欄の場合や手動で更新したい場合には、タッチすることでブロックリストの再取得を行います。(アプリを再起動します。)

ドメインでブロック:

  • 広告配信サイト・サービスのドメインで広告をブロックします。

アドレスでブロック:

  • URLの一部に広告と思われる部分が含まれる際にもブロックします。

ロード後に非表示に:

  • 特定のサイトに特化した設定で画面の項目を非表示にします。(通信自体は行っていますので、通信量の低減ではなく閲覧上の改善を目的としています。)

広告リンクを作者へメールで送信する。:

  • リンクの長押しでブロックしたいアドレスを作者へメールする機能を有効にします。(メーラが起動しますので、送信内容は確認可能です。)

Facebookのコンテンツを非表示にする:

  • Facebookのトップに表示される以下のコンテンツを非表示にします。(受信後に画面上で非表示します。処理されるまでの少しの時間は表示されるケースもありますのでご了承下さい。)
  • 「知り合いかも」非表示ON/OFF
  • 「まだFacebookを利用していない友達を追加」非表示ON/OFF
  • 「おすすめのグループ」非表示ON/OFF
  • 「おすすめのページ」非表示ON/OFF